顔がたるんでいることを気がついていないあなたは不幸だと思うの。

フェイスリフトにはどういったリスクがあるでしょう。
深く刻まれたしわを目立たなくする効果がフェイスリフトには期待できます。
切除や縫合を必要とするフェイスリフトでは、肌への負担がかかります。
メスを用いるフェイスリフトの場合、手術痕は避けられません。
最近では小さな目立たない手術痕になるようですが、それでも知識がある人にはすぐわかるようです。
メス不要の方法も存在しますが、やはり切除する方がしわもたるみも取れます。
メスを入れ、筋肉や靭帯の位置を整えるフェイスリフトは確実性が期待できますが、術後の痛みや長く続く腫れなどがネックです。
靭帯や筋肉の位置を変えるのではなく、リフトアップ用のリボン、糸、プレートを皮膚に挿入するフェイスリフトもあります。
これらの手法のいいところは、メスがいらなかったり、わずかしか切らずにできることです。
術後の回復がとても早く、フェイスリフト手術の翌日からは仕事に行けるなど、周囲に気づかれにくいフェイスリフトといえるでしょう。
ただし、メスを使わないフェイスリフトはメスを入れる方法ほどの効果はなく、5年~20年で元の状態に戻ってしまうといいます。
フェイスリフトを受けたことで顔面の神経を損傷してしまったという事例もあり、表情の変化やまぶたの閉じにくさを訴える方もいるようです。
トラブルを未然に避けるために、フェイスリフトの技術力がある美容外科を選択してください。
フェイササイズアップのリフトアップ効果は?【失敗する前の質疑応答集】