レイクアルサは土日や祝日でも借りられる?

簡単に借入ができるのがメリットと言われている消費者金融ですがその審査時間の短さは目を見張るものがあります。

審査のハードルが消費者金融より高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法改正により大口融資が不可となった消費者金融業者の大多数は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査能力に関してはレイクALSAの方が数段上手(うわて)です。

銀行業務はあくまで業務の一部として金融も行っているだけにすぎませんので融資を本業とするレイクALSAの方が、与信審査の専門性が格段に高いと言えます。

消費者金融は貸金業という法律がありますので銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

貸金業法と銀行法の最も大きな違いは貸金業法には総量規制と呼ばれる融資金額のリミットがあることです。

総量規制は年収の1/3を超える融資を禁止するものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融に申し込んでも仮審査の段階で落とされてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制なしなので、専業主婦でも利用することができます。

最近の消費者金融業界は法律改正効果やCM効果によってブラック企業という悪いイメージは拭えているのではないでしょうか。

近年においては就職先としての人気も上昇中のようなので消費者金融業界について審査時間の長さや労働条件をみていくことにしましょう。

審査時間の長さについて紹介すると、まず債務者の個人データをパソコンに入力管理し、返済が遅延している人に対し電話やメールで督促のお知らせを通知します。

就職に際して必ずしも取得しておくべき資格はありませんが店長(責任者)になるには「貸金業務取扱主任者」の資格が必要となります。

年収についてですが大卒の初任給で20から30万円程度でとされており成果を上げることでボーナスという形で評価してもらえます。

住宅ローンには保証人や担保が必要ですがカードローンはそれらが不要な無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に返済ができなくなったということにならないよう念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな融資にはなりませんし、返済期間も比較的短期です。

そのため、個人の信用情報だけでローンを組むことができますし保証人や担保を用意する必要もありません。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さとされるスピード感の魅力がなくなってしまいます。

レイクALSAのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので審査時間が短く利用することができます。

カードローンは非常に便利なものなのではありますが住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円を返済していくローンですからローンを組む人は金銭的に安定していることが第一条件となるのです。

カードローンを利用し続けている人は常に借り入れをしていると判断され事前審査の段階で落とされてしまうでしょう。

完済していてもカードを所有しているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組む場合には、カードローンは解約しておくことをおすすめします。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れるたら恐ろしいくらい利息が付くとったイメージを持つ人は多いと思います。

以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行よりも多いです。

借入や返済もコンビニなどで審査時間が短く行えますしATM手数料が無料というところが多いので銀行カードローンよりも便利だったりします。

また、レディースローンを用意している消費者金融もたくさんあるので女性でも借りやすいと人気です。

お金を貸してくれる金融機関は数多くありますが主に銀行とノンバンクに分けることができますノンバンクとは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融やクレジットカード会社、信販会社などがあります。

信販会社やクレジットカード会社というのは、商品購入代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、消費者金融とは貸金業専門の金融機関となり限度枠内なら何度でも借入と返済が可能です。

銀行とレイクALSAの違いは審査時間の長さです。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

一般的にレイクALSAのキャッシングの金利は銀行カードローンよりも高いと言われています。

レイクALSAのキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%を設定していることが多いのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

レイクALSAの最大貸出限度額は、500から800万円と設定されていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1 200万円と限度額も高額です。

しかしその一方で、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますがレイクALSAのキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

引用:レイクALSAは土日・休日に借りられる?審査時間は?【最短借入れ方法】

又、銀行の場合は同行に口座を開設するなどといった条件が付く場合がありますがレイクALSAの場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

金融機関で高い人気を獲得する要素としては低金利、スピード審査、手数料が安いなどといったことが挙げられます。

ですが、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で他社との違いを出すのは難しく借入限度額に関しては借り手の経済力が大きく関わってくるので、人気に関しては影響しないと思われます。

人気ランキング上位のデータ比較してみてもどの消費者金融も審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

それよりも、手続きが分かりやすいということや提携ATMが多いことのほうが評価のポイントになっているようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

金融業者各社の借入れの条件や金利などといったデータはランキングサイトを利用するのが便利です。

各消費者金融会社ごとに詳細をまとめて掲載しているところもありますし、一覧表で比較がわかりやすいサイトもあります。

消費者金融ごとにおすすめポイントが掲載されていたりするので、消費者金融に詳しくなくても、簡単に比較することができますので非常に便利です。

しかも公式サイトへのリンクを貼って誘導してくれるサイトが普通なので比較検討後、すぐに申し込み手続きをすることもできてしまいます。

又、ランキングサイトには、審査に申し込む時の記入方法や審査に通るためのコツなどを教えてくれるサイトもありますので、是非ご利用ください。

カードローンは審査を経て個人の貸出限度枠が決められその範囲内であれば借り入れや返済を自由に行うことができるキャッシングローンです。

決められた日時の借入残高に対して利子が計算されて毎月の返済日に必ず引き落としされる約定返済という返済方法が基本となります。

返済金額は残高によってランク分けされて決まっているためその金額の範囲内で利子を引いた後の金額が元本の返済に充てられるという仕組みです。

ですから、利息の計算日までにできる限り元本を減らしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済する方法として約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入を得たときなどにある程度まとまった額を返済することで効率良く元本を減らすことができます。

お金を借りる方法としてカードローンがありますが銀行が融資してくれるものとレイクALSAが融資してくれるものと2種類があります。

銀行カードローンのメリットは低金利で、限度額が大きいということが挙げられますが審査は厳しめとされていますので、比較的属性が高い人におすすめのカードローンです。

一方、レイクALSAのキャッシングはというと、金利が高めで、最大貸出限度額も低く、個人の年収や借入れ状況によっても限度額が大きく変化します。

諸々の条件でレイクALSAの方が銀行カードローンよりもデメリットを感じるかもしれませんが、レイクALSAのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

レイクALSAのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

レイクALSAのキャッシングと銀行カードローンは似て非なるものです。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

レイクALSAのメリットはなんといっても審査時間が早い、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較すると高金利であったり、借入限度額が低いというデメリットがあります。

銀行は銀行法、消費者金融は貸金業法というそれぞれ別の法律の規制がかけられているのですが貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎを防止するために設定された規制で年収の三分の一を超える借り入れができないとされるものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保があるローンは除外されカードローンやキャッシングのような無担保ローンにだけ適用される規制です。

現在の消費者金融はクリーンなイメージですがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済で金銭感覚がマヒした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金は利息をつけて返さなければならないのですが簡単に借金する人ほどお金を甘く見ていますから返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように反社会的集団的と思われる人が自宅に押しかけてきて取り立てるということはありませんのでご安心ください。

お金を出資してもらうことができる金融機関には銀行の他にも、消費者金融やクレジットカードなどがあります。

昔は銀行からお金を借りるためには複雑な手続きが必要で融資までに時間がかかりましたが最近は銀行でもカードローンが取り扱われるようになったため短時間で借りられるようになりました。

金融機関はお金を貸して利子を付けて返済してもらう事で売上を確保して企業としての利益を上げています。

レイクALSAの金利と銀行金利を比較してみるとレイクALSAの金利の方が高いことが多いと思います。

あながちレイクALSAのほうが高金利であるとは言い切れません。