足利銀行のフラット35審査はどう?

フラット35の審査は、一般銀行の住宅ローンよりも通り易いといわれていますね。
雇用形態が派遣社員やパートなどの非正規雇用だったり、年収にはっきりとした基準があるワケではないのです。
住宅金融支援機構と金融機関の提携によって提供されているプランですから、多くの人に住宅購入のチャンスを広げるといった考え方で運営されています。
足利銀行でフラット35を利用した場合には、もちろん、収入さえあれば、雇用形態も問いませんし、年間返済額が年収の30%を超えない範囲という基準ですから、年収350万円であっても、借り入れ希望額によっては、十分ローン申し込みが可能だと言うことになるのです。
8つの疾病保障がついたすまい・るパッケージとして提供されていますね。
新生銀行住宅ローン審査に通るのは難しい?基準甘い?【審査のコツ】