フラット35でまず困ることとは?

住宅ローンを組む際はまず、どの金融機関に融資をお願いするか決めないといけません。
例えば、銀行・ネットバンク・信用金庫・労金など多くの金融機関で住宅ローンを組めます。
金融機関によって住宅ローンの審査の違いは特に大きな違いはありませんが、店舗がないネットバンクですと、取引はネットを通して行います。
店舗にいく手間がないので非常に人気です。
人件費や店舗運営費が削減できるのでその分金利が低く設定できるのが特徴です。
ネットバンクは支払いを少なくしたい方や忙しい人達にとても人気がある住宅ローンです。
住宅ローンを申し込んだらまず審査が必要です。
住宅ローンは長い月日返済し続けないといけないので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
そして、審査が通れば本格的な契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印と諸費用も用意しておきます。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかるようです。
マイホームの購入は誰でも憧れるものだと思います。
ですが、住宅購入をする際には必ず住宅ローン審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の住宅ローンを申し込む方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
最長35年という年月支払い続けるものですからやはりローンが通らない方もいらっしゃいます。
その理由として一番大きいのがやはり収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ年収をクリアしても、会社の規模や勤続年数なども大事なチャックのポイントになります。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローンの金利には大きく分けて固定金利・変動金利があります。
どちらが良いかはその人が選ぶ事で、銀行の方から薦められるという事はありません。
基本的に固定金利は金利が高く、変動金利は金利が低いのが一般的です。
また、どちらのタイプを選ぶかによって審査が違ってくる。
と言った事は全くなく、常に公平に審査は行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行の金利の推移をチェックするのが良いでしょう。

フラット35固定金利とは